話題の人

「文化都市」さらに推進

金沢市長 村山 卓 氏

 

3月13日の県知事選との同日選で金沢市長に初当選した村山卓(たかし)氏(49)は、山野之義前市長時代に約3年副市長を務めたキャリアを生かし、庁内に部局横断型の「世界に誇る文化都市・金沢推進本部」を6月にも設置する方針を示すなど総務省出身エリート官僚の本領を発揮している。

「金沢ほど文化芸術に理解を示す都市はない。さらに幅広い世代の市民が文化に触れることができる機会を増やしたい」と若手やアマチュアの文化芸術の相談窓口「アーツカウンシル金沢」を年度内に立ち上げる方針を示す。自ら金沢市民管弦楽団に所属し趣味のフルートを演奏、「風と緑の楽都音楽祭」では、フルート奏者である夫人と協奏した。日頃、文化芸術に親しむ市民グループと交流があるためか、「金沢駅もてなしドーム地下広場で定期演奏会が開かれるようにしたい」とも。

5月27日発表した6月補正予算案では、コロナ禍の地域経済再生などを柱に積極予算を組み、文化施策では、鈴木大拙館と玉川図書館の改修計画着手も盛り込んだ。

東京出身。1996年に慶大総合政策学部卒後、自治省(現総務省)入省、仙台市、消防庁、愛媛県、川崎市財政部長、香川大人文社会科学系教授などを経て2019年に防衛省防衛政策局日米防衛協力課日米同盟調整企画官から金沢市副市長。主に総務省からの出向で、行政トップに必要な要職をこなしてきた。

母親が金沢美大卒とあって「金沢の美的センス」に太鼓判を打つ。来年秋の国民文化祭へいかに盛り上げていくか、ソフトな〝文化人市長〟の手腕発揮どころであろう。

箔と写真の融合に新境地

大阪芸術大学教授・写真学科長

 織作 峰子 さん

小松市出身の写真家で大阪芸大教授・写真学科長・通信教育学部長の織作峰子さん(61)=東京・白金台=は、UVインクジェットプリントシステムを使い、和紙に金沢金箔や銀箔、プラチナ箔などを載せていく箔と写真を融合させる作品づくりに新境地を開いている。

昨夏、東京ミッドタウン・ホールで開かれた「富嶽三十六景」のポイントを巡る企画写真展に、葛飾北斎が大きな波しぶきをかぶる富士山を描いたとみられる西伊豆で冬場に撮影した作品(写真)を出品、高く評価された。

このコラージュの試みは、東京オリ・パラ組織委の文化教育委員に委嘱され、「日本の美を世界の人々に紹介するために企画された」のがきっかけ。

箔とのコラボ作品は、18、21年に銀座・和光ホールで「恒久と遷移の美を求めて」「Hommage to Hokusai(オマージュ北斎)~悠久の時を旅して」をテーマにした屏風作品の個展で披露された。

小松市立高卒、京都文教短大2年時にミス・ユニバース日本代表に選ばれた。写真家大竹省二と出会い、1987年からフリーの写真家に。04年に大阪芸大写真学科助教授、06年に教授。コロナ禍にあってリモートと対面授業が行われ、週3日、新幹線で通う。同大では「海中撮影、ドローンを使った空中撮影の陸海空に対応しています」とPR、自らドローンの操縦免許を持つ。

オリジナルカメラバッグも考案、東京・ヨドバシカメラで販売中。金沢で毎月1回、フォトサークルの講師も務めており、人気ぶりは相変わらず。「いろんな人と出会い、自分の世界が広がる。それらの人をつなぐのが楽しい」と笑顔をみせる。

話題の人(令和4年4月号)

「石川新時代」胸に安全運転

公選5人目の石川県知事

 馳   浩 氏

 

保守系三つどもえの激戦を制し公選5人目の石川県知事に就いた馳浩氏(60)=元自民党衆議院議員、金沢市=は7期28年務めた谷本正憲前知事からバトンを受け、3月28日に初登庁。谷本県政の「継承と発展」を基本姿勢に「当面はコロナ対策が第一。感染防止と地域経済対策の二兎を

 

追う」と述べ、「県議会とも協調し、自分の個性を消してでも丁寧にやる必要がある」と堅実路線を強調する。

小矢部市の農家に生まれ、小学3年時に金沢市のリンゴ農家に養子入り、星稜高に進学、ロス五輪レスリングのオリンピアン、専修大で文学風土論を専攻・卒論は「枕草子」、星稜高国語教師、プロレスラー転向、衆参両議員、元文部科学大臣といった異色のキャリア。妻はタレントの高見恭子さん(都内)。「契約上政治に関われない」と、応援なしの答弁。

まだ「馳カラー」を前面に打ち出せないのは、得票率が総投票数の3割にとどまったためで、「3分の2の方に私の政策になるほどと思っていただけるようにしたい」と安全運転を心がける。03年の衆院選で石川1区の小選挙区で敗れ、比例復活した経験も肥やしになったからだろう。

能登の首長を中心に行政手腕が未知数と見られたが、国会議員として歴代最多の議員立法を実現した政策立案能力と行動力は安倍晋三元首相らから高く評価されている。

遠隔医療などに必要な高速大容量通信ネットワーク「ローカル5G」の整備、県内首長とオンライン会議、北陸3県知事との定期交流、女性副知事登用(6月議会提案予定)など次々と政策を打ち出す。「動かそう 春の石川 新時代」。当選時に詠んだ1句に県民の期待がかかる。

話題の人(令和4年3月号)

戦国武将の生き様描く

漫画家 宮下 英樹 氏

 

 戦国武将の生き様をリアルに描く「センゴク」シリーズを週刊ヤングマガジン(講談社)に連載中の漫画家宮下英樹氏(45)=七尾市出身、東京都練馬区在住=は2月12日、七尾市立図書館で「七尾ふるさと文庫館」オープン記念のトーク&サイン会=写真=に臨み、漫画家を目指した経緯などを気さくに披露、地元ファンにこたえた。

毎夏、荒々しい石崎奉燈祭が繰り広げられる漁師まちの石崎町の出身。「父親は元漁師で酒を出す飲食店を営んでいた。少年の頃は、チラシの裏紙にキン肉マンなどの絵をよく描いていた。中学生になってもっと上手い奴がいて絵を描くのをやめた。学校で教師たちが授業では見せないくだける職員室にはよくいった」と、人間観察眼の萌芽をうかがわせる。

七尾高ではボート部の選手。富山大工学部に入学したが、教養課程で難解な数学の公式が解けずに挫折、3年時に中退、漫画アシスタントの仕事を紹介されて上京する。

「人気漫画に定石やパターンがあり、考えて作られている深いものだと気づいた。一生かかっても漫画をやりたい」と決意、01年に第44回ちばてつや賞を受賞、02年から相撲をテーマにした「ヤマト猛る」を、04年から代表作となる「センゴク」の連載を開始する。

信長や秀吉、家康に仕えた武将仙石権兵衛秀久の生き様を綿密な取材と考証に基づいて描き、俗説に対する反論や仮説を提起し独創的な戦国記がヒット中だ。第2部「天正記」の中で「七尾城の戦い」を描き、ふるさと納税で七尾市に50万円を寄付したこともある。「ふるさとに役立ちたい」が精力的な執筆の原動力になっているようだ。

話題の人(令和4年2月号)

 

金沢初演オペラ「禅」熱演

ソプラノ歌手・声楽指導者 石川 公美 さん

 

金沢出身の仏教哲学者鈴木大拙と、かほく出身の哲学者西田幾多郎の生誕150周年を記念した新作オペラ「禅~ZEN~」が1月23日、金沢市の金沢歌劇座で初上演された。同市在住のソプラノ歌手、石川公美さん(43)は、コロナ禍で稽古が制約された中、第1幕の渡米した大拙と米国人女性の家庭で女中役、第3幕の敗戦時、娼婦役の異例の2役を熱演した。

金沢芸術創造財団カナザワキッズアートキャンプのオペラ講師、石川県音楽文化協会こどもオペラ創作劇場の声楽講師を務める。「禅」公演にも5名の教え子を引率した。「オペラは本来大人のものですが、子ども達にはソリストだけでなく、舞台、メーク、大道具など大勢のプロフェッショナルが関わってできていることを知ってもらいたい。オペラを通じて成長してほしい」と語る。目下は、3月13日、石川県立音楽堂で公演の「泣いた赤鬼」に向けて稽古に励む。

金沢市出身。児童合唱団に入り、北陸学院高英語コースから武蔵野音大声楽科に進学、同大学院修士課程声楽専攻を首席で修了。03年から3年間、ロータリー財団国際奨学生としてイタリアに留学、ペルージャ外国人大学国際コミュニケーション学科修了。

帰国後の06年、オーケストラアンサンブル金沢の歌劇「魔笛」の童子役でオペラデビュー、18年に東アジア文化都市交流で韓国釜山の平和記念公演などに出演。〝こどもオペラ〟の活動などにより金沢市の令和3年度文化活動賞を受賞。北陸朝日放送の「ゆうどきLive」やMROラジオの「石川公美のおしゃべりクラシック」などに出演しており、オペラ普及に情熱を燃やす。

話題の人(令和4年1月号)

業界再編乗り切り「脱炭素」へ

石油連盟会長・ENEOSホールディングス代表取締役会長

杉森  務 氏 

 

石油業界最大手、ENEOSホールディングス㈱(東京)の杉森務代表取締役会長・グループCEO(66)は、石油連盟会長として産油国の減産や新型コロナの感染拡大に伴う国内外の経済動向をにらみながら石油の安定供給へ難しい舵取りを担う。同時に世界的な「脱炭素」の流れに対応し、次世代型エネルギー事業にも前向きに取り組む。

七尾市に生まれ、父親が石川県警の警察官だった関係で金沢市など県内各地に住み、泉丘高(26期卒)から一橋大商学部に進み、1979年に日本石油に入社した。本社人事課などで計10年間人事を経験、「名前と顔、性格を覚えるため3千人超の社員と飲み会を重ねた」と語る。

2度のオイルショックなどで、石油業界の合併再編が相次ぎ、1999年から三菱石油と統合後の日石三菱で販売部販売総括グループマネージャーを務め、「ゴルフ、釣り、麻雀などを通じて新たに加わった特約店と関係を築いた」とも。

「入社して社名が6回も変わった」特異な経歴を持つ。2014年に日鉱日石エネルギー、16年にJXエネルギー、17年にJXTGエネルギーの社長を経て20年から現職。「歴史、社風が違う会社の合併は思った以上の軋轢があり、まとめていく苦労を重ねた」と明かす。その中で、誠意を持って話し合う処世訓を得る。「至誠通天」が座右の銘である。

JXエネルギーと東燃ゼネラルとの合併の折は社長として「年間1千億円のシナジー効果を出す」と発表して実現させるなど、経営手腕は高く評価されている。18年に経団連副会長、20年に石油連盟会長に就任。日本のエネルギー産業を牽引する人付き合いの良い経済人だ。

話題の人(令和3年12月号)

和楽器オーケストラ夢見て

生田流正派邦楽会大師範  箏・三弦教授

北村雅恋 さん

 

 生田流正派邦楽会大師範で箏・三弦教授の北村雅恋(がれん)さん(本名・堀川愛里、40)=金沢市高尾南=は、「風と緑の楽都音楽祭」や金沢の芸妓が勢ぞろいする「金沢おどり」など大舞台に出演、加賀友禅特使として着物が似合う金沢を代表する筝曲家として人気を集めている。

幼少の頃より母親の北村雅楽弓(うたうみ)さん(同会大師範)に箏の手ほどきを受け、生田流沢井筝曲院の八島興作師にも師事し、野々市明倫高生だった16歳で名取である准師範に。大阪の音楽専門学校で2年間、洋楽の作編曲を学び、師範を経て第31回石川県青年文化祭審査員特別賞を受賞し38歳で大師範に昇格した。

2013年に石川を想うご当地アーティストによる限定コラボアルバム「古都×箏~kotokoto~」を発売。金沢市や石川県の訪問団として台湾やシンガポールで演奏、15年の北陸新幹線金沢開業を契機にハープ奏者上田智子さん、横笛の藤舎眞衣さんの3人で現代邦楽ユニット「kotoha」を結成、大型観光クルーズ船の寄港する金沢港クルーズターミナルなどでコンサートを開いている。

現在、自宅など3カ所で母親と教室を開き、遊学館高で週1回教えており、邦楽の後進育成功労により、今年3月、石川県文化奨励賞を受賞した。「今年はコロナ禍でお弟子さんたちと動画を作り配信する機会を多くいただいた。動画を見た方が生演奏を聴こうと思うきっかけになればうれしい」と語る。

「お箏の小道具を作るのが好き。趣味は裁縫」という大和なでしこ。「今後は和楽器を次世代に広めていきたい」と、石川での和楽器オーケストラ結成を夢見る。

話題の人(令和3年11月号)

コロナ解説でTV出演頻繁

日本医科大学・長野保健医療大学 両特任教授

北村 義浩 氏

 

 感染症の専門家である日本医科大と長野保健医療大の北村義浩・両大特任教授(60)=加賀市出身=は新型コロナ感染症のコメンテーターとして今年上半期に「アッコにおまかせ」(TBS系)などテレビ番組に136回出演(ニホンモニター調べ)、専門家の中では回数の多さで第3位とひっぱりだこ。「感染者の減少傾向は11月まで続くが、第6波は必ずある」などと注意喚起し、熱心に感染対策の啓蒙活動に取り組む。

1989年、東大大学院医学系研究科を修了後、厚労省国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)で免疫細胞室長を務め、東大医科学研究所助教授となり、06年から11年に国際医療福祉大の教授になるまでの5年間、北京の中国科学院微生物研究所日中連携研究室にいたキャリアは貴重。新型コロナの発生源となったといわれる中国CDC(疾病対策予防センター)の所長らとの人脈もある。

加賀市山代温泉の出身で、7歳上の兄、北村聖東大名誉教授は、国際医療福祉大医学部長などを歴任した医学者。「兄の背中を追う」格好で、金大附属中・高校に進学、金沢での下宿生活を体験した。趣味は兄と同じ将棋。アマチュア8段を持つ。

石川県のコロナ対策の中枢にいる北野喜樹・県健康福祉部長と岡田俊英・県立中央病院長とは附属高校の同級生である。ふるさと石川の「コロナ感染対策」にも関心を寄せており、11月22日に石川県職業能力開発協会から請われて金沢市内のホテルで講演する予定。

今年4月から日本尊厳死協会の専務理事になり、持続的植物状態になる前に延命医療の拒否の意志を成文化して登録することを普及する活動にも力を注ぐ。

話題の人(令和3年10月号)

自分の思い伝える物づくり

印象美プロデューサー

小西敦子 さん

 


7年前に「言葉の衣裳部屋」という意味の㈱WORDROBEを創業した小西敦子さん(53)=野々市市新庄=は、印象美プロデューサーとして金沢の水引作家らと始めた手紙に金沢の香りを添える「金澤文香プロジェクト」のほか、「金澤文香」=写真=を通じて、時流にあった作法を伝える〝お道具箱〟などの商品化に取り組む。

〝印象美〟について、「五感を大切にする暮らし。周囲へ心地よさを届ける思いやり。美しく生きる創意工夫」を挙げ、「自分の人生が素晴らしいと思い、周りの人もそう思ってもらえる。その美しさが伝わること」と自ら名付けた。

エフエム石川やテレビ金沢の番組パーソナリティーの経験があり、フリーアナとして20年以上にわたり2千件を超す司会の実績がある。日本コミュニケーション能力認定協会の上級トレーナーであり、企業の社員研修などで講師を頼まれることも多いという。

金沢市内の紳士服テーラーの家庭で育ち、北陸短大卒後、1年間米国に留学、帰郷後、製薬会社に勤務。司会などのアルバイトで、マスコミ業界入り。45歳のとき、「他者の価値観を伝える仕事」からきっぱり足を洗い、国交省の日本風景街道など「五感に響くまちづくり」に関わったことを機に起業した。

テーラー一家に育ったせいか、オーダーメイドドレスのアトリエも野々市と東京・南麻布で運営する。好きな言葉は茶道で使われる出会いとおもてなしの「一座建立」と「円融自在」。〝ウィズコロナ〟の時代に自分の感性を磨く人を手伝うプロデューサーといえようか。

話題の人(令和3年9月号)

「脱炭素」の先進企業に

北陸電力㈱代表取締役社長

松田 光司 氏

 北陸電力(本店・富山市)の松田光司代表取締役社長(58)は今年6月、取締役常務執行役員から異例の抜擢人事でトップの座に就いた。第11代目で石川出身では同じ小松市出身の3代目原谷敬吾氏以来2人目。「社会構造がチェンジする時代をチャンスととらえ、果敢にチャレンジしたい」と〝3つのC〟を掲げ、カーボンニュートラルの先進企業を目指す。

北電は2030年度までに再生可能エネルギー発電量を18年度比で年間20億㌔㍗時増やす目標を掲げており、7月29日、社内に「カーボンニュートラルチャレンジ推進会議」を設置。7月から首都圏の家庭向けに、CO2排出ゼロの電力を供給し、非化石証書を発行する「カーボンフリープラン」を開始した。

企業へのEV貸し出しや太陽光設備を初期費用なしで設置できる新しいサービスも揃えた。電力の小売り全面自由化に伴う販売競争に対応するほか、「電力の地産地消」ニーズに応え、新電力会社の応援姿勢も示す。

小松高(33回卒)、1985年金大経済学部卒後、北電に入社、経営企画部経営戦略チーム統括、営業推進部長などを経て2016年に執行役員営業本部エネルギー営業部長、18年から1年間、石川支店長、19年に取締役常務執行役員。18年の苦境時に料金値上げを説明する大役を経験し、社内評は「アイディアマンで、物事を進める突破力がある」。

高校時代は弓道部。近年の趣味は篆刻。「限られたスペースに色んな字を組み合わせられることが魅力」という。座右の銘は「人事を尽くして天命を待つ」と宮本武蔵「五輪書」にある「万里一空」。難局にあっても冷静な経営判断をする気構えだ。

甲子園に7度導き勇退

金城学園遊学館高校野球部監督 

山本雅弘氏

今夏の全国高校野球大会を最後に金城学園遊学館高校野球部の監督を勇退する山本雅弘氏(70)=金沢市=は、01年に同高野球部創部とともに監督に就任以来、最速の創部1年4カ月で甲子園に出場しベスト8まで進出、これまで春夏合わせて7度も甲子園出場を果たした名将である。

ビデオで動作解析するなど科学的に理論を立てて選手を指導し、「選手が納得して練習する。根性のスパルタ教育とは真逆な指導法をとった」と自認する。

旧鳥越村鳥越中(白山市)で軟式野球部、桜丘高(22期生)では陸上部、教員を目指した日体大では、やり投げに打ち込み、稲置学園星稜中・高校の教員時代にスキー部を創部、自らアルペン種目の選手として国体に何度も出場した異色の経歴が指導に生かされている。

「スキーはスピード、遠心力に耐える力、バランス感覚、瞬間的に先を読む力が必要。大ざっぱな野球に比べると精密機械ほどの違いがある」と例える。少年時代から親しんだスキー、大学で学んだ運動生理学などから、野球でも鉄棒やマット運動をさせた。米国のドジャーズを視察、高校球界にリュック型バッグを普及させるなど創意工夫も凝らした。

星稜中学野球部監督に就き、通算13年間で3度全国優勝を果たす。遊学館高に転籍した後も、小嶋達也・元阪神投手ら教え子から慕われ、創部1期生の4番打者だった行田篤史さん(35)とは今も一緒にゴルフを楽しむ。

今夏は石川県大会で準決勝止まりだったが、保健体育の教師として来年3月で退職する。日本高校野球連盟の20年度の育成功労賞を受賞しており、古希を迎えた後も「指導者への指導」に期待がかかる。

 

話題の人(令和3年7月号)

学び、気づき、出会いの場に

金沢21世紀美術館館長

長谷川 祐子 氏

今年4月1日付で金沢21世紀美術館の4代目館長に就任した長谷川祐子氏は、観光客の入場が増え、地元市民がゆっくり鑑賞できなくなっている従前からの懸案とコロナ禍を乗り越え、「未来」へつなげる新たな運営管理に乗り出した。

「美術館は学びの場、気づきの場、感性を育む場、いろんな人が出会えるパブリックな場。現代アートに限らず、様々な分野のものが一体となる状況をもう一度作れたらと思う」。04年の21美開館前から関わり、学芸課長と芸術監督の6年いた古巣への15年ぶりの復帰に意欲をみせる。

1979年京大法学部卒後、86年東京藝大大学院美術研究科修士課程修了。アラブ首長国連邦でのシャルジャビエンナーレなど先鋭的な展覧会を成功させた敏腕キューレーターで、16年仏芸術文化勲章オフィシエ、20年文化庁長官表彰を受賞。多摩美大美術学部教授を経て2016年から東京芸大大学院国際芸術科教授。

北陸新幹線開業後、入館者が200万人台と盛況だったが、コロナ禍により昨年度は約87万1千人と開館以来最少に。新たな創造の可能性を提示する特別展を企画し、オンラインの活用を図る一方、「市民対象の特別バージョンのギャラリーツアーを再開したい」と語る。

加えて国立工芸館や県立美術館、鈴木大拙館など周辺文化施設と作品の共同展示や借用など「見える化する形で連携する」との方針を示す。貴重な収蔵作品をいかに活用するかも課題。「大型作品も多く、うちの分館があったらいい」とも。「友の会」のほか法人会員の「サスティンメンバー制度」のサポーター拡充に力を入れる。趣味はスキンダイビング。「今はできないけどキューレーターは身体を鍛えないとね」と洒落っ気も。

カテゴリー

加能人社

金沢市示野町西19
TEL(076)268-5879
FAX(076)268-5896

定期購読のお知らせ    

うつのみや金沢香林坊店で販売しています。
金沢市香林坊2-1-1
香林坊東急スクエアB1F